監理団体申請

全国対応可能!

監理団体の申請をお考えの協同組合様
監理団体の申請をサポートします!

1.監理団体の申請について

期間

①監理団体の申請をするまでの準備期間として、おおよそ1か月から2か月かかる
②許可を得るまでにおおよそ3か月くらいかかる。(繁忙期等時期により異なる)

やっておくべきこと

①現在御社で受け入れている技能実習生の移行申請(必要な場合)
②新たな送り出し機関との契約締結にむけた活動
③新たに技能実習生を受け入れる企業様(監理を行う企業様)との打ち合わせ

2.監理団体申請から実習生受け入れまでの流れ

1申請期間

  • 管理団体の申請
  • 管理団体申請の承認

2計画期間

  • 技能実習計画認定申請
  • 在留資格認定申請

3受入期間

  • 技能実習生入国
  • 入国後講習の受講
  • 技能実習生受入れ

3.手数料について

種類金額納付先納付方法
(1) 申請手数料2,500円国(主務省庁)収入印紙
(2) 調査手数料47,500円技能実習機構口座振込
(3) 登録免許税15,000円税務署現金納付
※事業所数により金額の変更があります。
(上記金額は事業所が1か所の場合です)

最短で協同組合の設立及び監理団体の許認可を得て、技能実習生の監理事業を行うためには、
細かい書類の準備や、中央会との連携が非常に大切になってきます。
弊社でもできる限りのサポートをしてまいりますので、ご不明点や質問、
今後の流れについての説明などに関しましては、遠慮なくご連絡ください。